ガイダンスカウンセラー資格認定規程

ガイダンスカウンセラー資格認定規程

          一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会

 (目的)
第1条 一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会(以下本協議会という)において,ガイダンスカウンセラー資格の認定を適正に行い,ガイダンスカウンセリングに係る能力・資質の向上をはかるためにこの規程を設ける。
(認定)
第2条 資格の認定を希望する者は,ガイダンスカウンセラー認定委員会(以下認定委員会という)の行う審査を受けなければならない。
第3条 資格審査に合格し,所定の手続を完了した者に対して,本協議会は「ガイダンスカウンセラー」の資格証を交付し,その氏名等を本協議会が発行する日本ガイダンスカウンセラー名簿に登録し,これを公告する。
第4条 ガイダンスカウンセラー資格(以下本資格という)の有効期間は10年間とし,これを更新することができる。
  2. 資格更新の要件については細則に定める。
第5条 本資格登録者が,その行為により本協議会が別に定める倫理綱領に抵触した場合,その登録を抹消することができる。
  2. 登録の抹消は認定委員会の議を経て,理事会が決定する。
 (試験)
第6条 本資格審査はガイダンスカウンセラーとして必要な基礎的知識,技能および経験についてこれを行う。
第7条 資格審査対象者は,教育職員の免許を有し,大学院研究科において博士課程前期課程又は修士課程を修了し,カウンセリング心理学を修めた者で,3年以上(週3日未満の非常勤の場合は1年あたり0.5年として計算する)の相談指導(ガイダンスカウンセリング)に係る実践経験を有する者とする。
  2. 大学院等における履修単位の要件については細則に定める。
第8条 資格審査を申請する者は,所定の申請書,学歴証明書等に審査料をそえて申請しなければならない。
第9条 資格審査は試験により原則として年1回これを行う。
2.試験の内容・方法は細則に定める。
 (認定委員会
第10条 認定委員は本協議会が選定し,代表がこれを任命する。
  2.認定委員長および副委員長各1名を認定委員の互選により選出する。
第11条 認定委員会は次の業務を行う。
   1) 試験問題の作成・評価基準の作成
   2) 認定試験の実施・採点
   3) 審査結果の通知
第12条 認定委員及び事務職員は,その業務の実施にあたって不正行為を行ってはならない。又,役職上知り得た審査経過等について,これを他人に口外してはならない。
 (改正)
第13条 この規定の改正は本協議会理事会において理事の3分の2以上の議決によって行う。

附則
1 任意団体スクールカウンセリング推進協議会において認定されたガイダンスカウンセラー資格は,一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会認定のガイダンスカウンセラー資格として引き継ぐものとする。

2010年11月11日制定
2011年5月12日改正
2011年8月23日改正
2012年2月28日改正
2012年8月28日改正
2015年4月15日改正

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional