MENU

一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会の概要

設立

平成27年4月1日(前身であるスクールカウンセリング推進協議会の設立は平成21年5月25日)

目的

子どもたちが発達課題に取り組み,成長することを援助するスクールカウンセリングを有効に機能させる学校体制のあり方について検討し提言を行うとともに,スクールカウンセリングを担う諸資格の交流を促進するほか,スクールカウンセリングに関する「ガイダンスカウンセラー」の資格を認定し,スクールカウンセリングの学校教育への普及定着をはかる。

活動目標

1. スクールカウンセラーの応募資格ならびに待遇の平等化・公平化
2. 文部科学省における「ガイダンスカウンセラー活用事業」の予算化
3. 学校教育法で設置された「指導教諭」の生徒指導・教育相談分野における指導助言の業務化
4. 学校の正規教諭として「相談指導教諭(仮称)」創設のための学校教育法の一部改正

事業

(1)スクールカウンセリングの有効な適用の検討及びそれに基づく活動
(2)スクールカウンセリングを担う諸資格の交流の促進
(3)ガイダンスカウンセラーの資格の認定
(4)ガイダンスカウンセラーの養成と普及
(5)シンポジウム・研修会等の開催

理事長

石隈 利紀(東京成徳大学教授)

認定資格ガイダンスカウンセラー

3500人(2018年3月)