MENU

ガイダンスカウンセラー・スーパーバイザーに関する細則

一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会

本細則は,ガイダンスカウンセラー資格認定規程(以下認定規程という)に定める第4条3に基づきこれを設ける。

1.ガイダンスカウンセラー・スーパーバイザーとは
ガイダンスカウンセラー・スーパーバイザー(以下スーパーバイザーという)は,ガイダンスカウンセラーになろうとしている人やガイダンスカウンセラーになった人(スーパーバイジー)に対して,スーパービジョンを通して支援するガイダンスカウンセラーの上級資格である。
スーパーバイザーに求められていることは,「ガイダンスカウンセラーを目指す人・ガイダンスカウンセラーとして活動している人への支援」であり,カウンセリングの技術的な側面だけでなく,スーパーバイジーの成長や発達にかかわる人として必要な人間性とそのための研鑽姿勢をもつことが必要となる。さらに,ガイダンスカウンセラーを支援するスーパーバイザーは,学校において要請があれば他のスクールカウンセラーや指導的な教員のスーパービジョンを積極的に果たし,地域においても求めに応じて教育委員会等へのコンサルテーションを行うなど,大いに活躍することが求められる。


2.ガイダンスカウンセラー・スーパーバイザー資格の条件
ガイダンスカウンセラー資格を10年以上,有していること。その上で,以下の条件のすべてを満たすこと。
1)ガイダンスカウンセラー・スーパーバイザーとしての人格及び識見を兼ね備えていること
2)ガイダンスカウンセラーに関する専門的な実務経験を有すること,または理論的な研究を深めていること
3)ガイダンスカウンセラー・スーパーバイザーとしてリーダー的役割を果すことができること
4)ガイダンスカウンセラー・スーパーバイザーのための研修会を受講していること


3.審査及び審査料・登録料・年会費
1)認定委員会の審査者による審査(書類審査と必要に応じて面接審査)。
2)審査料・登録料・年会費は,ガイダンスカウンセラーに準じる。
  (審査料 10,000円,登録料 無料,年会費 5,000円)


4.資格の有効期間
ガイダンスカウンセラーに準じ,10年間とする。

5.資格の申請時期及び提出書類
1)申請時期は,ガイダンスカウンセラーの新規の資格申請時ならびに更新時に準じる。
2)研修歴,活動歴,研究・講師歴等を記した資料の提出を必要とする。


6.資格の更新
1)有効期間の最終年度に更新手続きを行うことができる。
2)申請時と同様に,研修歴,活動歴,研究・講師歴等を記した資料を提出。研修歴の中に,スーパーバイザー研修を受けることを必要とする。
3)更新時の審査は,申請時の審査に準じる。


7.その他
本細則に拠りがたい事項については,理事長と認定委員長が協議し判断する。

2020年12月11日制定
2021年3月30日改正